日蓮上人
すずりみずのれいせん
硯水の霊井
所在・寺泊町 大町 祖師堂境内
あし・大町バス停 徒歩3分

 硯水の霊井は、今から七百余年ほど昔、文永八年(一二七一)日蓮上人が佐渡へ配流になったとき、寺泊で船を待ちつつ説法された「北国最初の霊地」です。

 ここに七日間滞在されたとき、上総国(千葉県)中山の弟子日常宛に有名な「寺泊御書」を書きましたが、そのとき用いられた硯水はこの霊井で、今も真夏にも涸れず、冷たく澄みきった水がこんこんと湧き出ています。

 祖師堂門前の碑文はこの寺泊御書を写したもので、原本は現在千葉県中山の法華経寺にあります。それを訳しますと、「今月(十月)十日相州をたって武蔵の国久目(くめ)の河宿につく。それから十二日を経て越後国寺泊港に着いた。ここより大海を渡って佐渡国にゆこうと思うが、風波が荒れて何時になったら順風定まるか見込みがつかない。法華経をひろめるには必ず迫害を伴ない、難にあうことはあきらかであるが、今さらなげくべきでないと思って自分はなげかない。(中略)日蓮は八十万億というたくさんの菩薩の代りとなって、この経が末法の世にひろまるということなのである。自分の背後には菩薩のお力添えが加わっている。(中略)ただし、牢屋にいる弟子日朗や他の僧のことなど心配になる。(日朗たちは、やはり法難にあって鎌倉の牢にいた)何時か便りのある時にその消息を早々聞かしてほしい。あなかしこ。」という意味になります。

 日蓮上人獅子吼の説法銅像は昭和三九年九月、信者一同の力で祖師堂境内に建設されました。
  我日本の柱とならむ
  我日本の眼目とならむ
  我日本の大船とならむ
 上人の三大大誓願を象徴しております。

←前のページへ トップページへ マップへ 次のページへ→