白山信仰と寺泊の鎮守さま
しらやまひめじんじゃ
白山媛神社
所在・寺泊町 大町
あし・大町バス停より徒歩2分

 聚感園から、群生する石蕗(つわぶき)や藪椿を見やりながら高台に出ると、急に視野が開け、旅館の建つ街並や港が一望のうちに見渡され、夢の島佐渡も手に取るように眺められます。この台地に建つのが、寺泊の総鎮守白山媛神杜です。花崗岩の大鳥居から一二五段の石段上、海抜三〇メートルの所に位置します。氏子たちは、この神杜を「はくさんさま」とか「おおみやさま」と呼んでいますが、寺泊の鎮守さまとして古来町の人々に親しまれ、尊崇されてきました。町の人たちは”はくさんひめ神社”と呼んでいますが、正しくは”しらやまひめ神杜”というのです。

 昔は神仏混淆(こんこう)の形で「白山大権現」ともいい、別当は代々胎蔵院の山伏でした。これは加賀の白山信仰に基づくものと思われます。ご祭神は伊弉冊尊(いざなみのみこと)と菊理媛命(くくりひめのみこと)で、国家安泰と海上安全、地方開発の神として崇められてきました。神域には社殿をはじめ、住吉神社、二面神社等の末杜が並び、船絵馬収蔵庫、忠魂碑が建っています。

 白山媛神社の創建年代は不詳ですが「延喜式内神明帳」という延長五年(九二七)に出された神杜名の中にありませんから、この時代には存在しなかったと思われます。神域内の二面神杜の創建が明徳二年(一三九一)との言い伝えがありますから、この年以前には鎮守さまとしての社殿があったのかも知れません。今の社殿は明和八年(一七七一)に再建されたものです。

 神杜の祭礼は五月三日、四日と九月十五日です。秋祭りは神事のみが静かにとり行われていますが、春の大祭は神與の渡御があり、十万石の格式という大名行列が海岸の町内を練り歩きます。昔は「いわし祭り」とも言って、浜は鰯の大漁で活気づき、街はむせかえるような雑踏であったといわれますが、伝統は今も受け継がれて大賑わいを呈しています。

←前のページへ トップページへ マップへ 次のページへ→