順徳上皇
あんぐうごいせきひ
行宮御遺蹟碑
所在・史跡公園 聚感園内
あし・大町バス停 徒歩1分

 承久の乱の結果佐渡へ遷流になった順徳(じゅんとく)上皇の追慕のあらわれで、故本間建四郎氏ら町の有志の篤志によって、大正十一年に建設されたものです。

 この巨大な碑面には、漢文で長い文章が刻まれており、ことばをくだいてわかり易く解説することは容易ではありませんが、要点を述べてみます。

「鳴呼 承久の事またこれをいうに忍びない、三上皇は海島に遷され(後烏羽上皇は隠岐、土御門上皇は四国、順徳上皇は佐渡)侍臣は少く記載は伝わらず………帝此の地に御着の頃はたまたま晩秋、風濤険悪、よって行宮を造りご滞留が数月間、翌春に至り佐渡に幸せられるという………行宮の跡、幸いに存し、以って今日に至り、海を隔てて真野の山陵と相対し、帝の御たましいが此所に留まり給うのではなかろうか、敬慕、哀痛のきわみである。草の茂りにまかせ、いん滅させることがあってはならない………」と、明治四十年勅選議員文学博士、重野安繹先生の漢文であります。掲額は有栖川宮威仁親王より腸り、日下部鳴鶴翁の書で、陸前石の巨石に刻したものを、はるばる東京秋葉原駅より貨車で信越線経由直江津駅へ送り、そこから船で寺泊港に運び、伊藤工学博士の設計によって建設されたものです。

 石碑の瑞石垣は、下の台座から上の手すりまで、御影石一本をくり抜いた石でできており、いちだんと碑の尊厳をなしております。

 順徳上皇が京都から寺泊まで、幾山河の難路をどのように越えてお着きになったかは、文献には何も伝えていません。五十嵐家では「武兵衛屋敷のうち平なる所に行宮をしつらえ申し候」として、邸内に菊の紋章の幕を張りめぐらし、都菊を植えて、手厚くおもてなしをしたと伝えられています。

 上皇はしばらくここにご滞在ののち、断腸の思いで佐渡へ渡られました。時に御年二十五歳のことでした。

←前のページへ トップページへ マップへ 次のページへ→