一般財団法人 新潟県社会保険協会 メニューをとばす  
HOME > 松風荘

松風荘

美しい自然と温泉情緒につつまれたやすらぎあふれるリゾート地で、心潤うひとときをおすごしください。
ゆとりと心地よさを重視した静かで、落ち着いた雰囲気で、旬の美味しさをたっぷりと盛り込んだ四季折々の食膳でみなさまにやすらぎのひとときをお届けします。
ご家族で、会社関係で、ぜひお気軽にご利用ください。
松風荘外観写真

瀬波温泉の由来

瀬波温泉は、現在地で1904年(明治37年)4月9日午前10時、岩船興業組合が石油掘削中に、地下139間(252m)より、突然、150度の熱湯が噴出したのが始まりです。前夜には、野狐が群れて騒いだそうです。
岩船興業組合が瀬波温泉株式会社として温泉経営に乗り出し、瀬波噴湯株式会社を経て現在の瀬波噴湯開発有限会社が、ここ元湯の管理を行っております。
1951年(昭和26年)頃までは、自噴しておりましたが、現在はエアーリフト(空気を送る)で噴き揚げております。
明治末には、東屋・養真亭・萩野屋・高橋館(大和屋)・吉田屋・丸一・三島屋の7軒の旅館がありました。
また、1937年(昭和12年)2月10日に与謝野晶子が瀬波温泉に来遊、養真亭に投宿し、温泉と白砂青松を詠んだ45首の歌を残しております。
1972年(昭和47年)5月21日には、全国植樹祭に来県された、昭和天皇・皇后両陛下が当地で2泊されました。
美空ひばりなど往年の著名人も多数来湯され、新潟県でも指折りの温泉地です。

温泉井戸及び泉質について

源泉名 噴湯(元湯) 湧出地 村上市瀬波温泉2丁目566番地
深度 350m 湧出量 180l/min
揚湯 エアーリフト方式(空気を送り揚湯する) 泉質 ナトリウム−塩化物泉(アルカリ性低張性高温泉)
泉温 92.℃ 泉味 弱塩味
外観 極微褐色・透明 pH値 8.9

瀬波噴湯開発有限会社  湯元掲示板より

瀬波温泉龍神様伝説

むかしむかし、その昔、瀬波温泉が吹き出る前のお話です。
松の池という小さな池に、池の神からつかわれたヘビが住みついて、何十年も、何百年も、人々の暮らしをそっと見守っておりました。
ある日のこと、ふとヘビは思い立ちます。
「もっと力をもった竜神となって、この土地に恵みをもたらせたい」
その日から、龍神になるためのつらい修業がはじまりました。
修行する姿を人に見られてはいけません。
何十年も、何百年も、ひとりぼっちで耐える毎日。
そして、ヘビはとうとう修行を終えて、地と水を司る龍神となったのです。
龍神になったヘビはうれしくて、人々に会いたくてたまらなくなりました。
けれども、人々に神となった自分の姿を見せるわけにはいきません。
そこで、自由に歩きまわれるキツネに姿を変えて、町に出かけたのです。
コーン、コン。コーン、コン。
瀬波に温泉が吹き出す前の夜、
キツネの大きな鳴き声が、瀬波の町中に響きわたりました。
実を言うとその鳴き声は、
龍神がこの瀬波の地に恵みをもたらす合図だったのです。
翌日、石油を掘る井戸から、熱い温泉が吹き出し、
以来、瀬波は上質で豊富な湯の出る町として栄え、今日に至ります。
静かな温泉街の夜の音に耳をかたむけてみてください。
龍神の声が聞こえるかもしれません。
何十年も、何百年も昔から、
龍神さまはこの瀬波の地を、そしてここを訪れた人たちを、ずっとずっと見守り続けているのです。

松風荘湯元 「湯元掲示板」 より

与謝野晶子と瀬波温泉

歌人与謝野晶子は、昭和12年2月10日に来湯し、養真亭(波済健氏経営)に投宿。
来湯の経緯は、歌人同士の羽賀虎三郎氏(長岡市)が催したお祝いの席に、井上苔渓(台湾銀行の常勤監査役)夫妻、西村伊作(文化学院創設者)夫妻らと共に出席し、その後、羽賀氏が常宿としていた、養真亭に招待したものである。
波済氏の晶子来遊記によれば『2月10日2時すぎに養真亭に到着され、早速、波済氏の案内で、石油櫓を掛けた中に、噴き出して尽きない湯元も見学し、浜へ出まして北海に佐渡・粟島を遠望した。』と記しています。
この滞在で、晶子は、噴湯・赤松・日本海を題材に、45首の歌を詠んでます。

いづくにも女松の山の裾ゆるく 見ゆる瀬波に鳴る雪解けかな
大空へ煙の馬を走らしむと 白き噴湯の望まるる山
三つ四つの女松の山を結びたる 藤むらさきのうす雪の路
坂多き雪の瀬波のしづかなり 噴き湯動くは一ところにて
北海に跨れるとも云ひぬべし 粟生の島山むらさきにして
松山のみどりの色のかたまりの ありて田畑の雪に雨降る


この写真は与謝野晶子 来湯時の温泉櫓です。

松風荘湯元 「湯元掲示板」 より



施設、客室数、定員等

・和室 10畳 1室
  8畳   9室
・大広間、研修室、娯楽室、浴室
・収容定員:41名

ロビーの写真
ロビー
和室の写真
和室
大広間の写真
大広間

浴室の写真
浴室
研修室の写真
研修室
ナノミストサウナ
ナノミストサウナ

お知らせ

平成26年4月1日より消費税額変更のため下記料金とさせていただきます。
何卒ご理解賜りますようお願いします。

【宿泊利用料金】

1泊2日2食付(会員)/7,710円
1泊2日2食付(一般の方)/8,790円
※7月8月の夏季期間は上記金額に540円の割増料金となります

素泊まり(会員)/4,800円
素泊まり(一般の方)/5,880円
※朝食をご利用の場合の追加料金/760円
※7月8月の夏季期間は上記金額に540円の割増料金となります

日帰り(会員)/1,720円
日帰り(一般の方)/2,260円

キャンセル料/1,080円

料金

【1泊2日(2食)の場合】
  料金(税込)
会員 7,710円
一般の方 8,790円
7月8月は540円(税込)割増料金を申し受けます。
●利用時間・・・午後4時00分〜翌日午前10時00分まで

【日帰りの場合】
  料金(税込)
会員 1,720円
一般の方 2,260円
●食費は実費相当額を申し受けます。
●利用時間・・・午前10時30分〜午後3時30分まで

【入浴のみ利用の場合】
  料金(税・入湯税込)
中学生以上 320円/タオル無
●利用時間・・・午前10時30分〜午後9時まで(ただし、宿泊者等が多い場合等お断りすることがありますので、事前に連絡し確認のうえご利用ください。)

【素泊まり歓迎】
  利用料金(税込)1泊 食事なし
会員 4,800円
一般の方 5,880円
●利用時間・・・
チェックイン:午後4時〜午後10時まで
チェックアウト:午前10時
●入浴は午後11時までにお願いします。
●朝食利用の場合(前日までの申込とします)760円別途頂きます。
7月8月は540円(税込)割増料金を申し受けます。


○利用時間
・1泊2日・・・午後4時00分〜翌日午前10時00分まで
・日帰り・・・・午前10時30分〜午後3時30分まで
・入浴のみ・・午前10時30分〜午後9時まで
         (ただし、午後3時30分以降は宿泊者が多い場合、お断りする場合があります。)
○キャンセル料
宿泊日の3日前以内の予約取消の場合は、1人につき1,080円のキャンセル料を頂きます。
○利用料金は入湯税・消費税を含む。



「癒し」を増やしました

心身ともにリフレッシュし、明日への活力を養っていただくよう、
マイナスイオンを発生し空気の正常化を行い、かつ、体の細胞の中まで水分が入り込む
ナノミストを利用した「ナノミストサウナ」等を設置しました。
是非、体験しその効果を感じてください。お待ちしています。
ナノミストとは? こちらへ


お申し込み、お問い合せ

新潟県村上市瀬波温泉2丁目4-29「松風荘」
TEL:0254-53-3086/FAX:0254-53-3351
>>アクセスマップ・周辺観光リンク
>>個人情報の取り扱いについて


一般財団法人 新潟県社会保険協会 〒950-0087 新潟市中央区東大通1-2-25 北越第一ビルディング6F TEL.025-240-5337(代)
ホームへ戻る