一般社団法人 日本建設機械施工協会 北陸支部
 
 一般社団法人 日本建設機械施工協会は、建設事業の機械化を推進し、国土の開発と経済の発展に寄与することを目的に発足いたしました。
 以来、建設の機械化に係わるあらゆる分野において調査・研究・普及・啓蒙活動を行い、我が国の建設の機械化を精力的に推進し、今日まで我が国の経済発展の一翼を担ってまいりました。
 今後とも技術革新の時代の中で、より一層の先導的な役割を果たし、我が国の発展に寄与する所存であります。
 当協会は、学術的調査研究を目的とする団体で、日本学術会議協力学術団体の称号を付与されています。
学術団体として、シンポジウムや機関誌を通じた論文発表や、講演会活動、常設技術委員会活動など、学術的調査研究を積極的に実施しています。
 その他次のような特色を持っています。
建設業法第27条に基づく建設機械施工技術検定試験の実施機関に指定されています。
工業標準調査会(JISC)より I S O規格の国内審議団体として三つの専門委員会で国内審議を行っております(ISO/TC127、ISO/TC195、ISO/TC214)。
日本工業標準規格(JIS)の建設機械部門の原案作成団体として活動しています。
世界貿易機構(WTO)/貿易の技術的障害に関する協定(TBT)の「適正実施基準」に基づいて、建設機械関係  の団体規格(JCMAS)の審議作成及び制定を行っています。
国土交通省地方整備局と「災害応急対策協定」を締結し社会貢献活動を実施しています。
 
 北陸支部は北陸地方に事業所を置き、目的に賛同して入会した会員をもって構成されています。
 当支部では、4つの部会で北陸地方の地域性に根ざした事業、テーマに取り組んでおります。
 
          支 部 の 構 成
会員  平成26年3月31日現在
電力会社 製造業 建設業 商事会社 サービス業 その他 合計
1 16 68 2 31 11 129
 
          会 員 の 特 典
 (一般社)日本建設機械施工協会では、建設の機械化や施工の安全、環境問題、情報化施工、 規格の標準化案の作成などの事業を主に活動しているほか、災害応援対策の支援等に よる社会貢献などについても活動しています。
 これらの事業活動に参加したい団体の入会を受け付けております。
 会員の方には、次のような特典があります。
1.官庁、建設業界等から最近の建設事業に関する情報提供が受けられます。
会員は、各部会の各委員会に参加することができます。
当協会主催、協賛の展示会、発表会に出展、発表、参加することができます。
要請により、新機種・新工法発表会を開催し、ユーザー等の意見を聞くことができます。
会員には機関誌「建設の施工企画」(月刊誌、会員無料)が配布されます。
建設機械の開発や施工技術に関する情報について、資料の問い合わせや閲覧などを自由に行うことができます。
2.会員割引
講演会、講習会、見学会等に無償又は会員価格(割引価格)で参加できます。
当協会発行の「日本建設機械要覧」「建設機械損料表」等の出版物の頒布価格が割引になります。
また、当支部は、北陸地方整備局と「災害応急対策協定」を締結しています。会員は、これらを通して社会貢献に寄与することができます。

   

入会のご案内  ご入会は「団体(会社)」として、いつでも入会が出来ますので、北陸支部事務局までご相談下さい

所在地 新潟市中央区新光町6−1 興和ビル9F