冬期ボランティアのための除雪機械運転ウンテン教育をオコナいました
                        (社)日本ニホン建設ケンセツ機械キカイ協会キョウカイ北陸ホクリク支部シブ
 平成ヘイセイ16ネン10ツキの中越ダイ震災シンサイそのの豪雪等の教訓を踏まえ、ボランティア活動カツドウが重要視されています。その人材育成のため中越防災フロンティアでは、「越後雪かき道場」として屋根雪処理などのボランティア教育が実施されております。
 日本ニホン建設ケンセツ機械化キカイカ協会キョウカイ北陸ホクリク支部シブでは、その教育の一環としてボランティアが操作できる除雪機械の運転教育を昨年サクネンツヅ北陸ホクリク地方チホウ整備セイビキョクオヨ会員カイイン会社カイシャ中日本ナカニホンキャタピラー三菱ミツビシ建機ケンキ販売ハンバイ(株)カブ(株)カブ星野ホシノ自動車ジドウシャ工業コウギョウ)のご協力キョウリョク実施ジッシしました。
 当協会トウキョウカイ地域チイキ貢献コウケンとして、中越チュウエツ大震災ダイシンサイ仮設カセツ住宅ジュウタクヨウ除雪ジョセツ機械キカイ提供テイキョウいでの支援シエン事業ジギョウとして、今後コンゴ社会シャカイ貢献コウケンたしてマイります。
教育内容
(1)3t未満ホイルローダの特別教育
(2)小形除雪機の安全運転教育
(3)教育期間 平成20年1月19日〜20日
   2日間(1日目講義、2日目実技指導)
(4)会 場  新潟県ニイガタケン長岡市山古志 あまやち会館カイカンほか
(5)参加者  関西、新潟地区ボランティア 11名
     熱心ネッシン講義コウギをうけていました                 一人ヒトリ操作ソウサできるようになりました
   雪山ユキヤマえるのに苦労クロウしました               経験ケイケンとなりました
 関連記事                                                   Top↑